webひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS (-ω.-)<うわー……

<<   作成日時 : 2011/02/12 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まさかの1ヶ月放置…申し訳……。
がっつり長文どころか、もういっこのブログの記事も5割の確率で後で消したりするような精神状態でした。
今も、何となくふわふわする。

と、いう訳で、あまりにも不安定になることが多かったので、心療内科に行ってまいりました。
現在、抗うつ剤服用中。
メンタル発作とも言うべき気分の落ち込みと夜寝付けないのダブルパンチだったので、睡眠薬効果のある抗うつ剤を処方してもらってきました。
…ただし、頭痛薬でも眠れてしまう耐性のなさゆえ、強い薬は処方できなかったようです。
明らかに嫌ーな顔をされていましたね、先生(苦笑)。
実際の抗うつ効果は、最近ようやく出てきたかなー、というところ。
1週間前後経たないと効果が出ないタイプのものらしく、まぁ妥当な線です。

リストカットが再発しそうになったりノーシン20錠近く飲みたくなったり、最近割とものすごかった。
最初はそれでも気力で何とかなっていたのですが、咽喉に何か詰まっているような感じがしたり胸が血管や心臓を握りつぶされる感じに痛くなったりと、これはもう気力ではどうしようもないぞということになったので。
…一瞬、胃とか腸とか、医学的な体調不良に表れる人がうらやましくなったくらい、と言ったら、その時の精神状態はわかっていただけるでしょうか。
同じくストレスや精神的な負担が心療内科に直結するお友達に今すぐ病院に行って来いと言われて、行ってきました。
ストレスや精神的な負担が、リストカットやODに直結するのって、周りが考えているより本人は辛いです。
何も前兆がないし、リストカットに至っては、今の若い子の中にはファッション感覚でやってしまう人もいるそうで。
いっぺんあのループに入り込んでみればいいんだ…と、経験者は言ってみます。

(f・Д・)f<たーかーのーつーめー

多分、原因はわかっています。
3月末まで2世代違う人と二人暮らしのニート生活を続けないといけないからです。
特に、ニート=社会的な立場がない状態は、精神的に来る。
9月の段階ですでに半分壊れていましたから、私。
事情を知らない人には、ニートは全部同じに見えますからね。
仕事が見つからないでニートなのか、見つかった仕事に入るまでの待機期間でニートなのか、それとも、好きでニートになったのか。
知らない人から見れば、全員、好きでニートをしているようにしか見えないでしょう。
私は待機期間ニートですが、公務員試験の待機期間、長すぎ。
実質、半年が待ち時間です。

そこに、飼い主さんの関連で色々あって、止め、といったところでしょうか。
今は、自分の意志とは関係なく、飼い主さんにメールができない。
指が止まってしまって、飼い主さん宛の新規メール作成の画面も開けません。
きっかけさえあれば、また、元通りにメールができるようになるのだろうけれど。
連絡を取りたくない人に連絡しなければいけないのもなかなかに苦痛ですが、連絡したい人に精神的な理由で連絡できないというのも辛いです。
何と言うのか…指、切り落としたい?
あまりに役立たずでという意味です。

あ。
待機期間なら、その間に何かバイトでもすればいいじゃないかという考えは、甘いと思います。
このご時世、辞める時期がわかっている=辞めることが確定している人を雇ってくれるところなんて、ほとんどありません。
何せ、資格の上ではちょっと優遇される感じのバイトを断られましたから。
学習塾(小学生対象)の講師で、小学校の先生の免許をもっていたのですが。
多分、あれ、公務員試験に受かったというのがネックになった。
年度いっぱいで辞めることが確定しているので。
秋頃の話です。

(Γ・∀・)Γ<たーかーのーつーめー

私と同じパターンでの公務員試験を考えていらっしゃる方は、受かった後も相当覚悟しておいてください、と、言っておきます。
多分、相当精神的に辛い状況での受験とその後になると思いますので、心療内科通いくらいは軽くいくかもしれません。
受かった場合、半年間、何を目標に生きたらいいのかわからない時期が続きます。
その間に軽く精神崩壊するかもしれません。
私も壊れかかりました。
量的にはまだまだとはいえ、明らかに普通は飲まない量の頭痛薬を飲んだりね。
(ノーシンピュア14錠+セデス1錠だった記憶があります)
その後、だんだん量を増やしていく予定だったりするから性質が悪すぎます。

とにかく、早く年度末が来てほしい。
そうしたら、今現在のストレスもなくなる、と、信じています。
特に、自分が何者なのか、名前以外に言い表すものがない状態は、本当にきつい。
年齢的なものもあってね、ええ。
この間、ZEROで30代の引きこもり特集みたいなのをしていましたが、失職した後に引きこもる人たちの気もちが良くわかりました。
ただでさえ辛いところに、世間の目とかある訳ですよ。
正直、家から出られなくなる。
私も、何であのいちばん世間の目が気になる時期に資料館に受験勉強に通えたのか、不思議で仕方ありません。

仕事のストレスは、仕事をしている以上仕方ないと、今なら思えますよ。
自分がその線上にすら立てていないことを認識した後の不安定さに比べれば、前の職場でのストレスは大したことなかった、多分。
それで崩れて、現在、プチ引きこもり状態です。
ドクターストップでも何でもなく、普通に、会社から引導を渡されたので、余計に精神的に安定しない。

…手首の動脈ってどの辺だろう……(危険)。
リストカッター時代に唯一果たせなかったのが“動脈からの出血を見てみたい”だったので、引きずります。

(f゜〆゜)f<たーかーのーつーめー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第四中足骨短縮症(足の薬指の短指症)関連でいらした方
     ⇒こちらへどうぞ(まとめ記事です、過去の記事へのリンク有)


↓ラグ時計
by Pets!
(-ω.-)<うわー…… webひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる