webひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS (-ω.-)<今年も、この季節(日常生活編)

<<   作成日時 : 2010/10/27 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

元祖では季節関係なしの筈なのですが、猫舌の私には秋とか冬の季語です。
ええ、ポルノ式生姜湯の話です。
今年も、大量に作ってちまちま消費する季節がやってまいりました。

ウェジーさん(いっこ前の記事参照、猫種で呼び合う仲のお友達。正式名称は長すぎて断念)が風邪を引かれたということで、ポルノ式生姜湯ホットミルクバージョンを紹介したのですが、その翌日辺りから急に寒くなって、コンタクトレンズの定期検診の帰りに蜂蜜と生姜を買って帰りました。
本来はオリジナルの飲み方に飽きたときの飲み方なのですが、精神的にもホッとする気がします、ホットミルクバージョン。
元ラバッパーも現役ラバッパーも、2005年秋〜冬、むしろ、秋SWITCHの頃にラバッパーだったという方は、この季節になるとポルノ式生姜湯の漬け込みを始めたくなるのでは(爆)。
私は現役ラバッパーですが、木枯らし1号が吹くと、ポルノ式生姜湯を漬け込みたくなります。

ラバッパー以外の方のために、ポルノ式生姜湯の漬け込み方。
もう5年になるので、若干アレンジした部分もあるかと思われます。
まず、生姜の皮を剥いて薄く輪切りにします。
次に、適当な容器(蜂蜜やジャムの瓶があれば便利です)に輪切りにした生姜を入れ、上から蜂蜜を注ぎます。
これを、数時間放置して生姜の有効成分が蜂蜜の中に溶け出すのを待ちます。
ポルノ式生姜湯の原液の完成です。

(f・Д・)f<たーかーのーつーめー

飲むときは、そのままでは味が濃いので、お湯や水、牛乳などに好みの濃さになるよう溶かします。
お勧めはホットミルクです(まだ言うか)。
オリジナルは、お湯で溶いて輪切りのレモンを浮かべます。
個人的に酸っぱいのが苦手なので、レモンは省略しています。

今までは市販の蜂蜜を使っていたのですが、せっかく寺町にBee Honeyさんが入ったんだし、と、今年は少しお高いポルノ式生姜湯にしてみました。
ラベンダーハニーで生姜を漬け込むという、何やってんだ風の贅沢です。
流石に、ハーブティーの組み合わせでもラベンダーとジンジャーはやったことがないんだ←
ペパーミントは夏バテ防止によくハイビスカスとセットで生姜やジンジャー(要は乾燥生姜っぽかったので自作)と組み合わせていましたが。
今漬け込んでいる最中なので、明日が楽しみでもあり、不安でもあります。

…しかし、よく考えると、生姜湯なのに“漬け込む”ってすごい表現ですね。
生姜の刺激が苦手なお子様でも手軽に風邪を予防していただけるのではないかなと思いますが。
高校受験も大学受験も、冬になると相当煮詰めた熱い生姜湯を全部飲むまで学校に行かせてもらえなかった記憶があるのですが、お陰で風邪もインフルもなく受験を終えられました。
あの頃にポルノ式生姜湯を知っていたら、母に「これだったらさくさく飲めるから!」と言って作らせていただろうなと思います。
猫舌なのでただでさえ熱いのが苦手な上に、生姜のピリッとした刺激が来る訳で…正直拷問です。

(Γ・∀・)Γ<たーかーのーつーめー

そういえば、10年振り以上でシュシュというものに手を出しました。
最近は簪で髪をまとめることが多いのですが、私、髪質の問題なのか、ゴムで1回まとめてからでないと簪でアップができないのですよ。
なら、そのゴムの部分をシュシュにしたらどうなのよという(爆)。
有りという判断が出たので、今後もちょいちょい使おうかなと思います。
その気になれば作れてしまうので、今後、怪しいシュシュがちょいちょい増えるかも。
髑髏柄のとか、ピンクのふわふわのとか。
まずは、コットンの夏糸で編んでみます。

ちなみに。
冒頭で出てきたウェジーさんですが、元の猫種はノルウェージャンフォレストキャットと言います。
長すぎるので愛好家さんからは“ウェジー”と略されていて、TICAの公式サイトでは正式にウェジーが別名として書かれていました。
クールな美人猫ちゃんです、ウェジー。
ラグドールがひたすら愛らしいのに対して、ウェジーはかっこよさも感じさせる雰囲気。
…ただし、2010年版の猫カタログでは、特徴だけ読むと同じ猫です。しっかり猫カタログ!
2011年版も無事に出たようなので、もう少し立ち読みでラグのページをチェックしてから買うかどうか決めようと思います。
好みのラグドールが載っているかどうかが、かなり大事な基準です。
結構好みの子がいた感じなんだよな…生後11ヶ月くらいの男の子……。
オスかニューターかは忘れました←
巻頭の特集がウェジーだったんだよなぁ……。

2010年版の巻頭特集はメインクーンだったのですが、それって大丈夫か。
何がって、メインクーンとウェジーはとってもよく似ているのですよ。
そのせいで、ウェジーのCFA公認が遅れたと言われるくらい。
去年の猫とどうちゃうねん!と言われそう。
特徴だけ読むと同じ猫パート3ですから、メインクーン。

(f゜〆゜)f<たーかーのーつーめー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ポルノ式生姜湯懐かしい…!
と、同時にもう5年も前だなんていやそんなバカな(遠い目)

生姜はとにかく大活躍ですよね〜チューブよりも実物の方がジンジャー!って感じがするし。
甘酒にすりおろし生姜を大量投入するのとかも好きです。ああ飲みたい。

2010/10/27 22:09
ポルノ式生姜湯、全然生姜“湯”ではない飲み方がメインになっています。
ええ、もう5年も前なのですよ。
当時は私も人間に換算して100歳を越したばかりで…若かった(遠い目)。

私はよく摩り下ろして紅茶に入れています。
祖母の家に大量に紅茶が届いたのでね。
普段紅茶とコーヒーはストレート派ですが、ジンジャーティーだけは甘くても行けます。
甘酒、同じく飲みたい…この季節になると急に恋しくなるのですよね……。
はすみ@現役ラバッパー
2010/10/28 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
第四中足骨短縮症(足の薬指の短指症)関連でいらした方
     ⇒こちらへどうぞ(まとめ記事です、過去の記事へのリンク有)


↓ラグ時計
by Pets!
(-ω.-)<今年も、この季節(日常生活編) webひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる