webひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS (-ω.-)<保険証といっしょに

<<   作成日時 : 2006/09/29 15:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 86

晴一さん、危険だとわかっていながら霧の中バイクを転がすのはやめましょうよ。
せっかくマシンを手に入れたのに転がせない気もちはわかりますけれど、事故ったらどうするんですか。

父曰く、バイクが絡んだ事故では、かなりの確率でバイクの運転手は悲惨なことになるのだとか。
はるちゃん…気をつけて……。
男ってそういう危険なことに憧れるものなんでしょうか。
狩猟本能だって、常に危険と隣り合わせだし……。

ポルノグラフィティ、バイク事故により解散、なんてことにならないよう祈っています。
昭仁さんと晴一さんが両方いて、ポルノなんですから。
晴一さんがバイクで事故に遭ったら、9割方ギターを弾くのは無理になります。
歌詞は口で言ったのを書かせたりタイピングさせたりすれば首から上さえ無事ならまだ何とかなりますが。

(f・Д・)f<たーかーのーつーめー

ここから先は、ちょっと暗い話というか、人によっては見たくない話が続きます。
先天性の病気に偏見のある人は絶対に見ないでください。

第4中足骨短縮症(短指症の一種)という病気(?)があります。
先天性のもので、足の薬指が成長しないのが主な症状。
薬指が小指よりも短くて他の指に比べて浮いたように付いているため、薬指の足跡が残りません。
(足の裏側と表側で、見える指の数が違うのです、本当に)
うちの母は、「生まれてくるときに薬指と小指を間違えた」と言っていました。
間違っているのに何か納得。

水曜日、扶養家族証明のために実家に送っていた保険証が返ってきました。
高齢者の事故分析といっしょに保険証に同封されていたのが、短指症の外科治療の資料。
治療法ですが、身体の他の部分の骨を移植もしくは器具をつけて伸ばすの2種類があり、どちらも、指が正常な長さになってから日常生活が送れるようになるまで2ヶ月ほどかかるそうです。
で、さらに調べてみたのですが、足の成長が止まってから30歳くらいまでの間に治療しないと、その後は難しいのだとか。
可能なら、二十歳前後くらいまで(もう無理じゃん、私)。

(Γ・∀・)Γ<たーかーのーつーめー

短指症という病気(?)は、ほとんどの場合、日常生活に支障をきたさず、障害もないのが特徴です。
現に、今こうやって記事を打っている私も短指症(第4中足骨短縮症)です。
あ、何だかさらっとカミングアウト(え)。
手の親指や小指が短い場合、目立たないので気にもならないことが多いです。
ただ、手の中指や足の指の場合、目立つので、小学校のプールの時間は大嫌いでした。
さらに悪いことに、成長期に差し掛かってから短いのが目立ってくるからもう。

で、まぁ、短いのが目立つだけならそのまま放っておいてもよかったのですが。
だって、もう15年以上のお付き合いだし、慣れますよいい加減。
ただ、困るのが、あってはならない場所に薬指が付いているということ。
少し浮いているので、下ろしたばかりの靴を履くときは、確実に薬指が圧迫されます。
母には、「ぽろっと取れそうやね、その薬指」みたいなことを言われたこともあります。
そういうことを考えたら、外科治療も考えた方がいいのかなぁと。
お風呂で洗うときも大変だし(そこか)。

…ただ。
入院して手術してさらに2ヶ月リハビリ(?)というのがネックなんですよ。
一種の整形になるんじゃないかという不安もありますし。
美容整形に保険はきかないのでね。
どうしようかなーと思いつつ、手術するならあと2年くらい以内にしないと、年齢的に苦しい。
そして、自分の子どもが短指症を引き継いで生まれてきたとして、もし治療してしまった後だったら、私はどう説明するのかと思うと、やっぱり二の足を踏んでしまう訳ですよ。
(整形前の自分にそっくりな子が生まれてきた母親の悩みと変わらんじゃないか自分)
1回、病院に相談して、それから決めるとか、そんな感じの方がいいんですかね。

(f゜〆゜)f<たーかーのーつーめー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(-ω.-)<ちょっと、ちょっとちょっと
サライが始まる前にゴールしてしまったらしいエド・はるみさんに呆然、カナエです。 昼の3時頃に先輩に連れて行かれた音楽会が終わったのが夜の8時45分ちょっと前、会場になっていた町の施設の備付TVをチラ見したら、エドさんの後ろに嵐がいてびっくりしました。 例年8時45分といえば、ZARDの「負けないで」やその年のメインパーソナリティジャニーズの歌やらゲストの歌やら、とにかくその時に歌い手が揃っている歌でサライまで繋ぎつつサライ終了までに戻ってくるかどうか怪しい24時間マラソンのランナーを待... ...続きを見る
webひとりごと
2008/08/31 23:44
(-ω.-)<第4中足骨短縮症・まとめ
今まで日記のついでのように思い出したタイミングで記事にしてきた第4中足骨短縮症(足の薬指に現れる短指症のほとんど)について、まとめというか独立した記事にしようかなと思います。 今までの記事にもリンクやらTBやら貼っておきますので、気が向かれたら見てみてくださいね。 別に私が情報センターの役割を担う必要はないのですが(担えるとも思えませんし)、関連の言葉でたどり着かれる方が多いようですので、何かの役に立てればいいなと思います。 ...続きを見る
webひとりごと
2008/10/19 16:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(86件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
色々検索していて辿り着きました。
私現在20歳なんですが、小6の時に第4中足骨短縮症で手術しました!!
今は普通の足で、骨も寒くなると痛む程度(骨折と同じ症状)くらいです。傷跡は本当目立たなくはなりましたが、やはり手術した?って感じの痕はあります。

もし手術するのであれば、今後の自分の進路とか将来を考えて行う事をおすすめします!
あたしは1、2ヶ月で退院できると言われていたのですが、骨の成長が遅くて(一回わざと骨折させるので)リハビリにいけるまでに4ヶ月以上かかり、退院したのは5ヶ月目くらいでした。その間、車いす生活で、退院後も松葉杖の生活が続き、かなりの長期戦でした。

すいません、脅している訳ではないんですが(笑)、これからやるのであれば覚悟して行った方が良いかなと思ったので!!!

ただ、やっぱり”普通”になると気にすることが一つ減るので、とってもスッキリしますよ!!!!

一度病院でお話を聞いてみると良いと思います^^
REE
2006/10/13 00:34
はじめまして。

情報ありがとうございます。
やっぱり、長期戦になるんですね。
するとしたらかなりの長期戦になるんだろうなという思いはあったので、実際に体験された方のお話は参考になります。

生まれ持った形を変えるわけですから、そりゃあ相当の覚悟は要りますよね。
色々と検索してみたのですが、高校生くらいで夏休みに2年に分けて手術される方が多いと聞いていますので、すでに遅いんじゃないかと思っていたりします(汗)。

手術ができるタイムリミットが迫っているので、限られた時間でよく考えてみることにします。
病院での相談も含めて……。

貴重なお話、どうもありがとうございました。
カナエ
2006/10/13 16:06
突然ですが、はじめまして。三十路の女です。
「足 薬指 短い」で検索していたら、こちらのページがヒットしたので
思わず拝見させて頂きました。

実は私も第4中足骨短縮症です。
プールサイドに薬指の跡が付きません(笑)
「薬指、おかしいな」と気付いたのは小学5年生頃です。
親は「愛嬌がある指だ」と笑ってるだけでした。超他人事。
生活に支障はないですが、でも結構大変ですよね〜。
足ツボマッサージにも覚悟して行かないといけませんし。
履くサンダルのデザインが限られてきたり、
爪が伸びると、中指に爪が当たっちゃってこすれて痛くなったり。

手術しようかと何度も考えましたが、骨の移植にビビッたのとリハビリがネックだなぁと尻込みして
結局病院にも行かずそのまんまです。

しっかし、第4中足骨短縮症って不思議ですよね。
あ〜、何も考えずどこでも普通に裸足になれる人が羨ましい!!!

というコトで、本当に突然すみませんでした。
同じ思いをしてこられた方がいらっしゃった事に感激して
思いっきりコメントしてしまいました。
お互い、頑張りましょう(^o^)/
なかま
2006/10/19 04:57
はじめまして。

短指症のお仲間さん、以外に多いものなんですね。
医学サイトさんの数字を見ていると、決して天然記念物並みに少ないという訳ではない筈なのですが、同じクラスにもうひとりいるかというとそうでもないので、天然記念物の気分になってしまったり。
薬指の周りは蒸れるので、正直パウダーが欠かせません。

うちの親は、「可愛い」だの「取れそう」だの言いたい放題です(苦笑)。
最近は「私が自費で何とかしたいと思うほど気にしているのなら手術するのに反対はしない」方向のようです。
そして、肝心の私は、変に隠すからマイナス思考になるんだという奇妙な結論に行き着きつつある次第です。
もうしばらくしたら、何も考えず普通に裸足になっている可能性が高いです(苦笑)。

コメント大歓迎です!
感激だなんて…そう言っていただければ、記事を書いた甲斐があるというものです。
お互いに頑張りましょうね。
カナエ
2006/10/19 14:23
男ですが、私も第四趾中足骨短縮症です(殆ど女性だと思います)。

私は新聞で手術のことを知り、25歳のときに仕事を休職して
大学病院の形成外科で手術しました。入院期間は3ヶ月程です。
私の場合、ちと骨のくっつきが良くなかったもので当初予定より
1ヶ月ほど長くかかりました。
年齢については、骨折が治るのに多少長めに時間がかかるのと
同じようなものでしょうから、さほど気にしなくてもいいのでは?
私の手術は、右側の腰骨を削り取り、短い中足骨を切断して
その間に移植するという骨延長術でした。腰骨を触ると左右で
ちょっと凸凹が違うので面白く、レントゲンを撮るとぽっかり
骨がなくなって見えるので、全然知らないお医者がそれを見ると
驚かれます。ちなみに腰の方への影響はこれといってありません。
ぴと
2006/10/21 01:00
他の(もっと大変な)病気でも腰骨からの移植事例は多いとか。
手術は保険適用です。ただ、個人差はあれど入院期間が
長めなのでトータルな費用はそこそこ掛かるでしょうね。
形成外科の範疇だけに傷口は綺麗で驚くほど短く3,4cmほど。
この手術は、神経や血管も同時に延ばすことになることから、
一度の手術で延ばせるのが1cm程度のようです。
結果的に、私も延びたのは1cmほどで、現在は小指と薬指が
ほぼ同じ長さ、よく見れば微妙に薬指の方が長いくらいでしょうか。
二度目を受ければ全く普通の状態になるのでしょうけども、
休職やもう片方の腰骨を消費してしまうことを思うと躊躇があり、
10年経過後も結局そのままです。
それでも以前のような少し上に引っ張られたような状態からは
開放されたしパっと見た目は短さが気が付きにくくなったので、
銭湯やスポーツジムのお風呂は普通に使っています。
ぴと
2006/10/21 01:01
ただプールや海は行きませんね。サンダルも履きませんし。
退院後には、仕事に出るまでに体力をつける(戻す)のにもう1ヶ月
休んで復職しました。
ちなみに。
最初に受診した医師によると、海外(外国)の人だと室内でも靴を
履く生活なので手術までするという人は本当に少ないそうです。
ちなみに。
変な蒸れがなくなったおかげか水虫がすっかり治りました(苦笑)

それにしても。お仲間がいて嬉しいです(笑)
どこの形成外科でもよくある術例らしいので、けっこう
同じ足の人はいるのだと思うのですけどね。

長文失礼しました・・・
ぴと
2006/10/21 01:02
ネットを検索していると、最近は延長器の器具を使った方法も多いようですね。この方式だと確かに年齢がポイントになるのかも。
ぴと
2006/10/21 01:30
はじめまして。

詳細な情報ありがとうございます。
第4中足骨短縮症は、確かに女性に多いらしいです(実際に検索して調べました)。

骨の移植だと、やはり骨折と同じようになるんですね。
1回の手術で両足伸ばされたのですか?
それとも、片足ずつに分けて手術するのでしょうか……。
長さの点では1p伸びれば小指との長さ関係が今と逆転してくれるのですが、両足一度にできないとなると辛いなぁと思っている次第です。

入院期間はやはり最低で2ヶ月ということでしょうか。
長期戦なのですね(ため息)。
形成外科には、以前巻き爪を生えてこないようにする処置をしてもらいに行ったときに薬指の診察をされそうになったので、何となくあぁここの担当なのかなとは思っていました。
なので、やっぱりという感じが強いですね(苦笑)。
カナエ
2006/10/23 19:12

海外は…そうですよね。
指が短いことそのものに対しても、日本ほど好奇や偏見は強くなさそうですし。
「個性」で片付きそうな気がします。

お仲間…数の上では結構いるんだろうなと思ってはいたのですが、実際にネット越しでもお会いしたのはこの記事を書いてからですね。
やはり、成長期頃から指の短さが目立ち始めるので、自分から言い出す人は少ないのでしょうか。

コメントありがとうございました。
また、他の記事でも興味を引かれたのがありましたらよろしくお願いいたします。
カナエ
2006/10/23 19:13
ご挨拶が遅れました、ぴとです^^。
本当にたまたま、検索していて辿りつきました。

私の骨移植手術は両足を一度に行いました。多分この方式の場合は両足同時が一般的かと思います。
術後の一週間は完全にベッド上。それは腰骨を削り取った関係で安静が必要だったようです。それ以降はギプス+車椅子の生活。院内の売店でもどこでも車椅子で動き回っていました。レントゲンで骨がくっつき始めたなと認められたときからギプスをした状態で、松葉杖を使った歩行を始めました。廊下をゆっくり往復するところから始めて比較的短期のうちにテクテク歩けるようになりました。その後骨がきっちり繋がったという時点でキプスも外れて靴での歩行に移行していきます。

興味があれば大学病院の形成外科で聞いてみるといいですね。半分冷やかしでも(笑)
私のときはまだネットが発達していませんでしたので、最寄の形成外科のある総合病院で初診して少し情報を仕入れて、その上で二度目は大学病院に行って、そこで手術しました。
ぴと
2006/10/23 23:38
ごていねいに、ご挨拶ありがとうございます。

手術は両足同時なんですね。
腰と足と、同時に骨折したような扱いになるんでしょうか。
実家から送られてきた治療法のページには、腰の他に脛を削るパターンもあるようで、後々ダメージが少ない方法はどれかなぁと、内心びくびくしながら考えています。
母の呼び方のおかげ(所為?)で短い薬指に中途半端な愛着を持っているので、「普通」への憧れとの間で揺れています。
車椅子…松葉杖…扱いきれるのでしょうか(そこか)。

最終判断は、やはり病院で話を聞いてからの方がいいでしょうか。
病院は初診料等々何かと学生には優しくない模様ですので、もう少し考えてから話を聞いてみます。
色々とありがとうございます。
カナエ
2006/10/24 16:41
はじめまして、カナエさん!
短指症について調べていたらたどりつきました。かくいう私も足の4番目の指が小さい短指症です。
母親も同じ足なので成長過程でそこまで驚くことはありませんでしたが、
やはり今までこの「少しの違い」に戸惑い苦しんできました。
なのではじめてこんなに同じ短指症の方がいらっしゃることを知り感激してしまいました!

私は大学生で資金も時間もないですし、
病気と言うほどでもないので特に手術は考えてはいません。
ですがやはりこの違いを隠そうと思えば
隠せるけれど、出さなくてはいけない場面もかなりありますよね?
大の親友もこの足の指のことは知らないし、
旅行に一緒となっても、温泉やプールとなるとこの足のことを考えて行けなくなったり。

考えすぎですかね?
それで軽蔑されたりなんては思ってはいないですけど、どうやってカミングアウトしたらいいものかなぁなんて考えてます。。。
カナエさんや他の方はどうですか?
長々と失礼しました。
りんご
2006/10/27 21:04
初めまして。
普通に学科の仲間との泊りがけの旅行に参加していた私が言うのも何ですが、なかなか他の人と「違う」と、行動も制限されてしまいますよね。
私の場合、知らなきゃ知らないでいいし、聞かれたら答えるよというスタンスで生活しています。
好奇心に任せて指のことを聞いてくるのはせいぜい高校生くらいまでで、それ以降は誰も触れないので話していません。
ただ、大学時代の仲間とは、何回かキャンプや合宿に行っているので、事情は知らなくても何か短いぞ、くらいは知っている人は多いと思います。

なので、カミングアウトというより、普通に生活していて聞かれたら教えるくらいですね。
それで意外と受け入れられていたりしますし。
私はそんな感じです。
参考になるかどうかはわからないのですが……。
カナエ
2006/10/27 22:53
私の場合親からの遺伝ではありませんが、リンゴさんのように遺伝しているケースもあるのですねぇ。

たしかに、手塚治虫の作品『ブラックジャック』の「短指症」ではこれは遺伝すると描かれています。
ぴと
2006/10/29 23:28
短指症は劣性遺伝らしいので、遺伝子だけの場合と形まで遺伝する場合があるそうです。
なので、親も本人も短指症という人は、ある意味珍しいのではないでしょうか。

また、そういう形での遺伝があるのかどうかはわかりませんが、手の親指や小指の場合、短指症であってもそうとは気付かない場合が多いそうです。
(手の親指や小指は、元々他の指より少し短いため)
なので、もしかしたら、ご両親に手の親指や小指が短い方がおられた場合、そちらからの遺伝もあるかもしれません。
医学知識が全くないので自信も全くありませんが(え)。
カナエ
2006/10/30 19:43
はじめまして。
4歳(男)・2歳(女)・10ヶ月(女)の子供をもつ母です。
末っ子が生後半年の時に右足の中指が薬指より短くて細いのに気付きました。
上の子も見てみると、2歳の子も同じ指が短かったんです!
いろいろ調べているとこのブログに辿り着きました。
今は「短くてカワイイね♪」状態ですが、成長期になるともっと目立ってくるのでしょうか?
やっぱり娘達もプールやサンダルで悩むのでしょうか…。
痛む人もあるようなので心配です。
手術は怖いので今は全く考えていませんが、器具をつけて伸ばす方法は何歳くらいから有効なんですかね?
カナエさんは「子供の頃に治療して欲しかった」と思われますか?

はむはむ
2006/11/22 23:29
はじめまして。
短指症は、身体が全体的に急激に成長を始めるころに取り残される形で目立ってくることが多いようです。
また、手術と器具、どちらの方法でも、指の成長が止まる頃までは行わないのが一般的のようです。
(恐らくどちらの方法も伸ばした場所までしか長くならないので、せっかく伸ばしたのに…ということにならないようにするためだと思います)

結論を言えば、私は、子どものころに直してほしかったとは思いません。
私の場合は痛みもなく薬指だったので立ったり歩いたりする分には全く問題はありませんでしたし、母がマイナスのイメージをもたないような発言をしていましたから。
10歳頃に手術で「治す」ことも可能だと聞いたのですが、そのときには「大人になってどうでも嫌だったら自分で病院に行って治す」と答えました。

私の経験からは、短さが目立ってきたら早いうちに短指症という「症状」について、子どもさんに、治療法等も含めたできるだけ正確な情報を伝えてあげてほしいと思います。
その上で、子どもさんが「治したい」とおっしゃるようでしたら、治療を受けさせてあげるのがベストだと思います。
カナエ
2006/11/24 12:21
はじめまして♪
20歳の学生です。私も両足の薬指&右手の小指が異常に短いです。
小学校の頃はプールなどで散々からかわれ、「指が短いやつはこっち来るな」といわれ・・・とても辛い思いをしてきました。。
今、この日記を読ませていただいて、私以外にも同じ悩みを抱えてらっしゃることを知って、なんだか心強いです!!
私も12歳の時に病院にいって手術するか話し合ったことがあるのですが、長期戦になることが嫌で、もう一生この指と付き合っていこうと思っています。
でも、一つ不安なのは遺伝・・・です。うちの家系には短指の人はいないのですが、私の子供に遺伝するかも・・と思うと、怖くてまず子供は生めないなぁと考えています。
どれくらいの確率で遺伝するものなのでしょうか??
さやか
2006/11/27 08:50
初めまして。
小学生くらいの子どもって残酷ですよね。
みんながいるところで裸足やストッキングになれるようになったのは大学に入ってからでした。

遺伝は、正直心配ですよね。
又聞きの話になりますが、短指症は劣性遺伝とのことですので、えんどう豆の話をそのまま応用すると、4分の1の確率ということになるのでしょうか。
実際は相手の方が短指症の遺伝子をもっていない場合もありますので、どの指が短くなるかも含めて考えると、目立つ指が短くなる確率はかなり低くなるのではないでしょうか。
(相手の方が短指症の遺伝子をもっていなかった場合、指が短くなるのは早くても孫ということになります)

役に立たない返事で申し訳ありませんが、今言えることはこのくらいです。
遺伝のことは、確率論からいえばあまり気にしなくていいのではないでしょうか?
カナエ
2006/11/27 19:51
お返事ありがとうございました。
カナエさんのお母さんのように
マイナスイメージを持たないように育てたいと思います。
とーっても参考になりました。
心が軽くなりました(^_^)
はむはむ
2006/11/29 21:16
いえ、どういたしまして。
少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。
また何かありましたらコメントにでも書き込んでやってください。
カナエ
2006/11/30 16:33
こんにちは始めまして。カナエさん
28歳女性です。
第四中足骨短縮症についていたらこのページにたどりつきました。私も両足ともこの状態で今現在悩んでいたところです。
今までいろんな不都合な事があったのですが生まれ持ったものだと考え普通に生活していました。逆にちょっと指が短くてカワイイって思っていたくらいです。しかし結婚話が浮上した時、彼の親から反対を受けました。「自分の孫がこの足で生まれてきたらかわいそうだと」の事でした。
彼の親からしてみれば五体満足な子供が絶対条件のようで...。本当にショックでした。
もちろん女性には多いと聞いていますが、短縮症でご結婚されていらっしゃる方いればアドバイス等宜しくお願いします。
ミナ
2006/12/29 03:39
初めまして。
私はまだ結婚の話等出ていないので何ともいえないのですが、そういうことは確かにありますよね。
ただ、以前短指症でご結婚なさっている方からのメールで、短指症は劣性遺伝であるということは聞いています。
ですので、両親ともに短指症の遺伝子を持っていなければ、短指症の子どもは生まれてこないそうです。
そういったことを説明すれば、相手の方のご両親にも理解はいただけるのではないでしょうか。
短指症であることを「かわいそう」とおっしゃっているのであれば、相手の方のご両親は、自分たちの家系には短指症の遺伝子はないと思っておられる可能性もありますので……。

役に立たない返事で申し訳ありませんが、今私に言えるのはこのくらいです。
カナエ
2007/01/11 17:19
こんばんは!
急に飛び入りでメールしてしまいその上ご丁寧に返事をいただきましてありがとうございました。前向きに頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
ミナ
2007/01/20 21:45
いえいえどういたしまして。
大して参考にもならない答えで申し訳ありませんでした。
また何かありましたら、お気軽にコメントどうぞ。
カナエ
2007/01/22 21:22
はじめまして。
私も、第4中足骨短指症です。
治療を考えていたところ、このサイトを見つけました。治療について前向きに考えていきたいのですが、延長器を使った治療について詳しく教えていただきたく思い、コメントさせていただきました。
治療はしたいのですが、仕事や生活のことを考えると時期も考えなければならないのかなとも思います。延長器での治療は、どの位の期間、どの程度生活に支障が出るのでしょうか?
歩行状態や車の運転は可能(?)とか具体的に教えて頂けるとうれしいです。


 
はな
2007/05/20 01:48
はじめまして。
延長器を使った治療について詳しく知りたいとのことですが…申し訳ありません,延長器の場合,外科手術に比べて延長が完了するまでの時間が長いということしかわかりません。
おそらく,個人個人によって生活に支障が出る程度も期間もばらつきがあるというのが現実ではないでしょうか。
(だから具体的な部分は病院側も公開できないというか)
年齢によっても違うでしょうし,どの程度延長したいのかによっても差が出るのではと思います。

多分,私に聞くよりも病院に行かれた方が納得のいく答えが出ると思います。
私も医療関係者でもなんでもなくて,いち患者ですので。
お役に立てなくて申し訳ありません。
カナエ
2007/05/21 12:20
急な質問にも関わらず、丁寧なお返事を頂き有難うございました。治療に入る際には医師とも十分相談した上で方法を考えていきたいと思います。同じ短指症の方々のコメントを見させていただき、私自身後悔のない決断をしていこうと思います。
本当に有難うございました。




はな
2007/05/21 23:07
いえ,どういたしまして。
お役に立てなくて申し訳ありません。
ネット上でも短指症の方のコメントが見られる時代ですので,情報は集めやすいと思います。
(最終的にはお医者さんの説明を基にするのがいちばん賢いと思いますが)
後悔のない決断をしてくださいね。
カナエ
2007/05/22 12:53
こんにちわ。りんごです。
私も両足の薬指が短いです。
小学校のプールいやでした。
で、今26歳なんですが治療中です。
コンプレックス改善です。
私は延長器をつけて骨を伸ばす手術をを受けました.
骨の延長が終わるまで(大体1ヶ月ちょっと)入院しました。で、その後は器具をつけた状態で骨を作って生きます。私は骨が出来るまで大体2ヶ月でした。今は器具を取って測定板(ギブスみたいなの)をして骨を守りつつってかんじです。
私の場合はまず左足を手術しました。
両足一緒にできないこともないらしいのですが、長期に渡って歩けないのでかなりのストレスになるといわれてやめました。
お金も時間もかかりますが、これで残りの人生がパーっと楽になるなら我慢です!!
来週右足の手術をします。
完治までは仕事も外出もままならないけど、頑張ります。。
リンゴ
2007/08/02 17:51
初めまして。
器具を付けた延長法について、詳しい説明をありがとうございます。
やはり、切り開かない(=傷が残らない)だけで、強制的に骨折させるのは変わらないのですね。
すでにコンプレックスとかいう次元ではなく、平気で足つぼマッサージにも行ってしまうようになったので、延長するかはわからないのですが…とりあえず出勤さえできれば仕事はできるので、器具を付ける方法も視野に入れたいと思います。
(その前に、まず、いい形成外科医を探さねば……)

コメント、本当にありがとうございました。
カナエ
2007/08/02 20:38
始めまして。私も左足の薬指が短いです。小学生の時のプール・運動会の組体操、男子からからかわれとても辛い思いをしました。それがトラウマになり人前で裸足になることができません。20歳ごろ親と整形外科に相談にいきましたが入院などが必要との事で結果諦めなければなりませんでした。どうしてもいやで中学のプールや彼氏の前ではティッシュとテーピングで自分なりに義足を作り、バンドエイドで隠していました。でもプールでは足を動かすためバンドエイドが水に浮き取れてしまいます。試行錯誤の上今では簡単には取れないようになりましたがプールなどに気軽にはいけません。結婚を考えている彼は指が短いんだということは知っておりますが私の勇気が無く実際の指は見せていません。いつ見せようか毎日悩んでいます。もちろん結婚となると相手の親にも言うべきか・・・子供に遺伝したらどうしよう・・・など心配です・・・。手術をしなくとも義足みたいなのはないのでしょうか・・・
みぃたん
2007/08/21 18:36
初めまして。
短指症の場合、手術で何とかなるので、根本治療ができるのであればということなのか、義足の話は聞いたことがありません。
(もしかしたら、病院よりも義肢を作っていらっしゃる技師さんを当られた方がよろしいかもしれません…特注なのでお値段は半端なく張ると思いますが)
遺伝に関しては、劣勢遺伝とのことですので、彼氏さんご本人やご家族に短指症の方がいらっしゃらないのであれば、遺伝する可能性は低いです。
また、短指症の治療に関しては、医学の論文がいくつかあると思われますので、彼氏さんに見せる際に、写真つきの論文を使うのも一つの手ではないかと思います。
治療前の写真を見せて、反応を見てから等。

力になれたかどうかはわかりませんが、私に言えるのはこのくらいです。
コメント、ありがとうございました。
カナエ
2007/08/21 20:50
お返事ありがとうございました。私の母も同じ短指症です。でも母はそんな差はないのです。私は目立つ程の差があります。母くらいだったら私も受け入れられるのですが・・・。まだ勇気がなく。。サンダル履いても形によっては薬指だけでてきてしまうんですよね(^^;)
がんばります。
みぃたん
2007/08/21 22:56
私も、普通にパンプスを履いていて薬指の下の方が見えたりしますよ。
開き直ってサンダルや下駄を普通に履いていますが……。
勇気というか、開き直ったらあまり気にならなくなると思いますよ。
逆に、受け入れられないような器の小さい奴はこっちから願い下げと思えるようになります(苦笑)。

特に気遣いを知らない子供からの偏見はきついですが、お互いに頑張りましょう。
カナエ
2007/08/22 00:21
はじめまして。30すぎの主婦ですが、私も、両足第四短縮症です。私の周りには、ほんとに一人もいなくて、たまたま調べていたら、こちらにたどり着いて、思わずコメントさせていただきました。一番つらく悩んだのは中学生のときでした。体育祭や、体育で裸足になることも多かったのでその時はつらかったです。幸いにも主人や友人は、それをみても、何もいいません。逆にそんなこと気にするなって言ってくれますが、両親も兄弟も普通の足で、何で私だけ?って思い、手術を考えたこともありますが、勇気がなく、今に至っています。もう多分年齢的にも難しいみたいだと、こちらで知りましたのでこのまま一生つきあっていくつもりですが、私はまだ子供がいませんので、子供ができたら、その子に影響するのではないかと、それが心配です。主人の両親は知らないのでもし、子供が私と同じだったらと思うとつらいです。長々と聞いていただきありごとうございました。なかなか同じ気持ちを持った人と打ち明けるところがなかったにで、うれしいです。
らら
2007/08/27 12:10
初めましてこんにちは。
軽い打ち明け話のつもりで書いた記事が情報交換の場になったり交流の場になったりと予想以上に発展してしまってひたすらびっくりしている管理人です(小心者)。
私の場合、小学校高学年頃に周囲に色々聞かれて逐一説明するのが正直面倒くさいなと思っていた記憶があります。
その後は、必要最小限しかはだしにはならずに過ごしてきました。
遺伝のことですが、短指症は劣性遺伝だそうですので、子どもさんの指はあまり心配なさらなくても大丈夫だと思います。
遺伝病とのことで、やはり心配なさる方が多いようですが。

私も、同じ症状の方とお話ができてうれしいです。
こんな辺境のブログでよろしければ、またいつでもいらしてくださいね。
カナエ
2007/08/27 20:29
はじめまして。私も第4中足骨短縮症です。約13年前に手術しました。現在は骨延長術が多いようですが、私は両足同時の骨移植手術です。手術そのものは全身麻酔でしたが、術後の痛みは辛かったです。そして串刺し状態の骨がくっつくのを待ち、約1ヶ月後に串部分をとる処置がありました。これは局部麻酔だったのですが、私は効きが悪かったらしくとても痛かったです。術後4〜5日くらいはほぼ寝たきり状態で、寝返りもうてず、横向きじゃないと眠れない私には辛かったです。それに下の世話をしてもらうことが、本当にはずかしくて辛かったです。約1ヶ月半で退院したあとは、足底板をつけてヨチヨチ歩き。。。という状態が2ヶ月くらいだったと思います。それからは普通に生活できましたが、走ったりするにはけっこう時間がかかったと思います。マイナス面ばかりのようですが、私は手術してヨカッタと思っています。やはりとても悩んでいたし後ろ向きだったように思います。
今はこうしてたくさんのお仲間と情報交換できていいな〜と思います。カナエさんの開き直りコメントに救われてる方も多いと思います。
ぽんこ
2007/08/31 18:12
初めまして。
書き込み&情報ありがとうございます。
やはり、生まれもったものを変えるのは尋常でなく大変ということでしょうか。
それでも、後悔なさっていないのなら良かったですよね。
こうしていつもと同じ感覚で書いた記事が、1年近く経った今も情報交換の場になっていたりする状態は、嬉しいですしとても不思議な感じです。
色々な立場の方いらっしゃると思いますが、同じ悩みを抱えていて、どうするか決めかねていらっしゃる方が、少しでも参考にできたらいいなと思います。
(実際、私自身は何も大したことは言っていないのですが……)
治して“普通”(何をもって普通というのかは疑問が残りますが)になって堂々と生きていける方がいらっしゃるなら、そのままで開き直って堂々と生きていく人間がいてもいいと思い、開き直っていると公言している次第です。
ですので、救われている方が多いとおっしゃっていただけるのは本当に光栄です。

辺境のブログですが、またいつでもいらしてくださいね。
カナエ
2007/08/31 19:43
初めまして。カナエさん。
32歳の主婦です。
私は左足薬指が短いです。
今まで病院には行ったことありません。
こんなに沢山の方がいたとはビックリし、
コメントを見てとても励みになり、感激しました!わたしも、カナエさんのように開き直りたいと思います。


ししまる
2007/09/13 16:11
初めまして、コメントありがとうございます。
片足だけに症状が現れる方もいらっしゃるのですね(無知で申し訳)。
寄せられたコメントには、私も励まされることが多いです。
正直、ここまで発展するとは思っていなかったので。

開き直ることがいいことかどうかは、私には何ともいえませんが…少しでも役に立てるのなら幸いです。
こんな辺境のブログでよろしければ、また遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2007/09/13 20:53
初めまして、カナエさん。私はもう少しで50歳に手が届く主婦です。皆さんよりだいぶ年取っていてすみません。私も両足第四短指症です。これまで、やはり皆さんと同じような悩みを持ち生活してきました。人並みに結婚して、もう成人になる二人の息子がいます。幸い男の子ということもあるかもしれませんが、二人とも全く普通です。でも、結婚したいと思う男性(今の主人)に指のことを打ち明ける時はとても勇気がいりましたし、子供が産まれる時はやはり遺伝を心配しました。最近、ジムに通い始め、毎日の楽しみになっています。裸足にならないといけないヨガやプールにも参加していますが、やはり回りの人たちの視線が気になり、思いきり楽しめません。今からでも治せるものならと思いいろいろ調べていたところこのブログにたどり着き、皆さんのコメントを読ませていただきました。やはり年齢的なものもあり、また運動ができるようになるまで、半年もかかるのかと思うと、ちょっと手術は難しいかもしれませんね。後ろむきになることもあるのですが、だからと言ってやりたいことを我慢するのもいやな性格で。カナエさんのように前向きにいくことも大切ですね。
おんちゃん
2007/09/16 14:05
はじめまして。
こういう悩みに年齢は関係ないと思っていますので、年齢のことは気になさらないでくださいね。
そして、せっかくいらしていただいたのに、管理人は何も役に立つことが言えていなくて申し訳ありません。
短指症の治療は、どちらにせよ強制的に骨折させるらしいので、年齢によっては、物理的に我慢しなくてはいけない時間が長くなってしまうかもしれません。

記事を書いた本人が開き直って治療について調べることをやめてしまっているのでお役に立てるかどうかはわかりませんが、こんな辺境でよろしければいつでもまたいらしてくださいね。
コメント、どうもありがとうございました。
カナエ
2007/09/20 21:03
こんにちわ。私も第4中足骨短縮症です。整形外科的にはそれほど珍しくない症例のようですが、やはり本人は気になりますよね。私もとうに手術の適応は過ぎてしまっていて、仕事もある(看護師をしています)ので、いまさら手術を受ける気持ちもありませんが、高校生くらいのころに知っていたら受けていただろうなーと思います。このサイトを見つけたとき、他のサイトで偽性副甲状腺機能低下症という疾患でも中手骨や中足骨の短縮があるということを見つけました。甲状腺機能低下症(橋本病)を伴うこともあり、低Ca(カルシウム)、高リン酸血症をきたす病気でテタニー(手の痙攣)などを伴うこともあるということでした。要するに骨代謝の異常のようなんですが。私はそこまでひどくはないのですが、橋本病の診断を受けたことがあったり(しばらくホルモン補充療法をしました)、検診で低Caを指摘されたり、腎結石になったりした(尿中Caが多いと結石になることが多いです。つまり血液にCaが残らなくて尿中にみんな出ちゃうということね)ことがあるなーと思い当たることが多くて、ちょっとビミョーな気持ちになりました。
Herb
2007/10/20 04:49
前ので書ききれなかったので続きです。長くてすみませんm(__)m。

そういえば私は小さい時から牛乳・チーズ・ヨーグルトなどなど乳製品が嫌いで、そのせいもあったのかなぁ...などとちょっと後悔もしたりして。テタニー(手の痙攣ね)を起こしたりまではいってないので病院ではっきり調べてもらったりはしていません。
どちらにしてもカルシウムやリンは骨の成長には影響するものなので、もしもお子さんが第4中足骨短縮症になりそうという方がいらっしゃったら、低カルシウムになっていないかどうかだけでも一度病院で調べてもらったほうがいいのかもしれないと思いました。
病院の内分泌の先生に確認したわけではありませんので、あくまでも私の印象なんですけれど。カルシウムと活性ビタミンDを補充することで短縮がすこしでも予防できるならそれに越したことはありませんものね。長くなってしまいました。おまけにあまり根拠のないことまで書いてしまいましたが、自分の印象と、ちょっとの後悔だったのでご容赦ください。
Herb
2007/10/20 04:51
はじめまして,コメント遅くなりました。
貴重な情報ありがとうございます!
私自身はすでに短指症であることに対しては開き直ってしまっていますが,こちらにいらっしゃる方の中にはそうは考えられない方も大勢いらっしゃると思いますので,精神的に楽になれる方も多いのではないかと思います。
たとえ医学的な根拠がなかったとしても,それで気分が楽になるのなら,周りの視線等々による精神的なダメージの方が大きい印象の症状なので,大きな助けになるのではないでしょうか。
本当にそれで少しでも子どもさんの短指症が予防できるなら,本当に救いになると思いますし。

すでに親記事よりもコメントの方が参考になるのではないかと思われますが,また遊びにいらしていただけると嬉しいです。
コメント,本当にありがとうございました。
カナエ
2007/10/22 12:59
第4中足骨短縮症で検索したらこちらにたどりつきました。仲間がいて少し気が楽になりました。
私は24歳の女で、両足の薬指が短いです。今まであまり気にしてませんでしたが、最近左の中指が薬指側に曲がってきて薬指が重なるため、手術をうけた方がいいのではないかと思いはじめています。
でも手術は長期戦になるようで悩んでいます。いろいろ不安がありますが、1度形成外科にいってみようと思います。
手術を受けた人もそうでない人も頑張りましょう!
ゆき
2007/11/07 22:35
こんにちは、初めまして、コメントありがとうございます。
私ももうずいぶん前から足跡は指4本分しか付きませんよ。
以前は気になっていましたが、最近では逆に面白がっています。

手術を受けるかどうかは病院で相談して決められるのが一番だと思います。
いちばん後悔しないと思える決断をしてくださいね。
辺境のブログですが、開き直った人間の生き方を実況中継のように綴っていますので、よろしければまた遊びに来てくださいね。
コメント、本当にありがとうございました。
カナエ@開き直り管理人
2007/11/08 22:07
こんばんは
同じ悩みを持つ方がたくさんいらっしゃることにびっくりし、同時に非常に心強く思います。
わたしも前向きに、この状況を生きていこうと勇気づけられました。ありがとうございます☆
akiaki
2007/11/27 22:04
初めまして、コメントありがとうございます。
反応の多さに、書いた本人が一番びっくりしています。
同じ状況の“仲間”がいるというだけで励まされるものなんだなと、今さらながら考えているような奴ですが……。
私自身、何の気なしに書いた記事が色々なことを教えていただけるきっかけになったので、むしろお礼を言うのはこちらだと思っています。
辺境のブログですが、よろしければまた遊びにいらしてくださいね。
コメント、本当にありがとうございました。
カナエ
2007/11/28 00:11

こんにちは。短指症を治療した者です。

私は両足の薬指が短い32才の♀です。治療は創外固定という器具を用い、イリザロフ法で行いました。骨のつき具合が遅かったのですが、
片足5ヶ月で完全に歩行できるようになりました。結局、両足で1年近くかかりましたが、後悔はありません。
むしろやってよかったと思っています。

東京の世田谷にある病院に、とても有名な先生がいらっしゃいます。その先生がこの薬指の短指症治療において、
実績例が多いとのことだったのでお願いしました(整形外科)。骨の年長中はとても辛かったですが、延長後、骨の成熟を待つ期間は松葉杖が
面倒なくらいで、特に辛いことはありません。
いままでの嫌な思い出の方が辛いことが多かったです。
こちらのブログを拝見すると、お仲間が多いようです。みなさん、応援しています。
通りすがり
2008/02/08 19:47
初めまして、コメントありがとうございます。
そして、情報もありがとうございます。
実際にどちらにいい先生がいらっしゃる、等わかれば、迷っていらっしゃる方も相談だけでも…という決心がつかれると思います。

同じことで悩んでいても、色々な思いや考え方の方がいらっしゃるんだなと、記事を書いて改めて思います。
延長処置をされた方も、されなかった方も、後悔しない選択をしてほしいなと。
そのためには、私の意見だけでなくこちらにコメントを寄せていただく方の意見が必要だと思いますし。

被害妄想と取られかねない記事に貴重な暖かいコメント、本当にありがとうございます。
こんな辺境のブログでよろしければ、また遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2008/02/08 21:46
初めまして、カナエさん。
私は高校1年で両足の薬指が短いです。
あと、手の小指もですが・・・。
小指が短いのは皆可愛いとか言うし、あまり気にしたことはありません。
(リコーダーやピアノやパソコンは不便ですけど。)
ただ足の薬指がとても気になります。気付いたのは小6くらいでしょうか?その頃から不自然な指に嫌な思いをしています。友達にこの事を知っている人は少ないです。サンダルにも気を遣ったりしています。ただどうしてもプールが避けられません。大嫌いです。気付いた人は好奇な目で見ている気がして辛いです。
手術が出来ると知りましたが、やっぱり入院しなければならないのでしょうか?そうなると学校を休まなければなりませんよね?
親はあまり気に留めてくれてはいません。カナエさん同様他人事ですね笑
手術はしないべきでしょうか?
ゆり
2008/02/09 16:10

度々、失礼します。

世田谷にある至誠会第二病院で、宇佐見先生に治療してもらいました。足の外科学会の権威とのことです。
ただし、本当にやる・やらないはひとそれぞれですよね。私は両親から、やれるならやったほうが良いねとも言われたので、心置きなく臨めました。保険がききますので、固定器具を着ける手術で20万円弱と、骨延長後の固定器具を外す手術で10万円弱くらいかかりました(その間に週一回の通院・消毒やレントゲン等の費用はかかります)。
基本的には整形外科のある比較的大きな病院で、
整形外科医に相談ということになるでしょうね。

私は30才を超えてからの手術でした(ギリギリかな)。私自身の薬指の悩みは20年以上でしたが、私以上に両親が心を痛めていたので、延長処置後は本当に喜んでくれました。

気にならない方はそのままで問題ないですが、悩んでいる方は、お医者様に相談だけでもしてみる価値はあると思いますよ。
通りすがり
2008/02/09 22:08
>>ゆりさん
初めまして、コメントありがとうございます。
私も両足の薬指の他、両手の親指と小指が短いですよ。
同じく、ピアノは指が届きませんし、リコーダーやパソコンは基本を自分の指に合わせて変えていたりします。
足の薬指は、私も、学生時代は気になっていました。
開き直れたのは、大学に入ってからですね。

手術に関しては、一度病院で先生に聞いてみられては如何でしょうか?
高校生とのことですので、学校を長く休まなくてはいけないということになれば、不安でしょうし。
ご両親も、そういう意味で興味のない顔をなさっているのかもしれません。
一度、悩んでいることをご両親に話してみては?
もしくは、就職なさるまで待って、ご両親には事後報告という形で延長されるか。

本当に気になるのであれば、病院で相談だけでもなさった方がよろしいのではないでしょうか?
ずっと我慢されるのは、辛いだけだと思いますので。

コメント、本当にありがとうございます。
また遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2008/02/10 18:50
>>通りすがりさん
詳細情報ありがとうございます。
私の場合、両親が器具を付けての延長方法を知らなかったこともあり、「メリットデメリットを自分で判断できるようになってから、自分の意思で」という結論になりました。
結果としてふっ切れたのでコメントをいただく割に大して参考になることも言えていませんが(苦笑)。

どこの科の担当かは病院によって違うと思いますが、違ったら紹介してもらえるようなので、大きく外れたところでなければ問題がないのでは?
ネットで調べた限りでは、通りすがりさんのおっしゃるように整形外科で扱っておられるところの他に、形成外科で扱っておられるところもあるようです。
(ただ、最近では、“総合科”のようなところがあり、初診の場合はそこから専門科に振り分けられる病院も増えているようです)

治す治さない、気になる気にならないは、本当に個人や周囲によってかなり違ってくると思います。
何回も言っていることですが、病院で相談なさるなり情報を集められるなりして、後悔しない結論を出していただきたいと思います。

コメント、本当にありがとうございました。
カナエ
2008/02/10 19:09
初めまして。私も指のことで悩んでいてここにたどり着きました。小さい頃にからかわれて悲しい思いをしてきたので、こんなに同じ人がいるのかと嬉しくなりました。
私もカナエさんのように開き直りたい反面、24歳なので手術を受けたいなら早く決心しなければと思っています。

お聞きしたいのですが、足はどちらの感じですか?
@ http://www.prs.med.keio.ac.jp/INTRO/%EF%BD%94%EF%BD%8F%EF%BD%85%EF%BD%8C%EF%BD%85%EF%BD%8E%EF%BD%87%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BD%85%EF%BD%8E.htm

A http://www.juryo.or.jp/juryo/juryo_pdf/0410_4P.pdf

私はAの患者さんと似てます。@だったら手術したいですけど、私の場合手術してもまだ人前に出せる足じゃないと思ってしまったり・・・。五体満足なだけでも感謝すべきなんですがね。

手術を受けようか迷っている最中ですので、また遊びに来させてください!



マミ
2008/02/24 02:02
初めまして、コメントありがとうございます。
Aの写真が見られないので(ページが見つかりませんと返ってきました_| ̄|○)何とも言えませんが、@の写真がそっくりでしたので、@のパターンですかね……。
母が、手術すれば外見上は解決すると言っていたので、たぶんそうだと思います。

私は家族の扱い方のおかげで開き直れましたが、そういう存在がなければ開き直るのは難しいと思いますので、無理だと思われたら治してしまった方がいいのかなと思います。
何度も言っていますが、後悔しない選択をしてほしいなと。

辺境のブログで、参考になることは何も言っていないような管理人ですが、是非また遊びにいらしてくださいね。
コメント、本当にありがとうございました。
カナエ
2008/02/24 14:00
初めまして。第4中足骨短縮症で検索してたらここに辿り着きました。
私は小学校高学年で友達から「短くない?」と指摘されて気付きました。それから気にするようになり、高校生の頃、なんとなく母に「なんでこの指短いの?」って聞いたら「ごめんな、お母さんが悪いねん・・・」と言われてしまいました。それまで指を隠すのに必死でしたが、その一言があまりにも切なくて、それ以来隠すことをやめました。気付いてても何も言わない友達に、足の薬指だけ違うペディキュアを塗って見せて、気を遣わなくていいからガンガン突っ込んでwって・・・(いま思えば少し自虐的でしたが)
しかし見せることによってコンプレックスは解消されましたね。気持ちが楽になりました。
普通に生活出来るんだし、薬指が短いからって心が短くなったりしない。元気に過ごしてるし、友達だってたくさんいる。
見た目で中身が決まるワケじゃないから・・・
ですから手術は考えてません。
ただ、パンプスを履く時に薬指が引っかかってしまい、爪からたびたび出血するのが難ですが・・・
DITA
2008/04/02 10:42
ちなみにいま現在10歳になる娘がいます。今のところ症状は見られません。足のサイズは22cmまで大きくなっているので、もう大丈夫かなぁとも思っています。

前のコメント、的外れでごめんなさい。
幸せの価値観は人それぞれですよね。


*私は福井嶺南出身で今は京都に住んでいます。そしてポルノフリークです♪*
DITA
2008/04/02 10:45
初めまして、コメントありがとうございます。
開き直りは少数派のようで、似た考え方の方にお会いできてすごく嬉しいです。
私もパンプスを履くと圧迫されて指が痛いですが、普通に無視しています(ぇ)。

周りの人って、指が1本短くても普通に見せていたら却って気にしないものなのですよね。
どちらかというと、私の場合は手の深爪の方をよくつっ込まれていました。
自分が思っているよりは周りは気にしていないような年齢になると、こちらもあまり気にならなくなりましたー。

DITAさんもポルノファンなのですねっ。
短指症に関しては何も役に立つことは言っていませんが、ポルノの話題は多いと思いますので、ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

コメント、本当にありがとうございましたー。
カナエ
2008/04/02 23:20
初めまして。もう50を過ぎたおばさんです。先日、ふと検索を思い立って偶然こちらにたどりつき、お仲間が沢山いることに驚きました。他にも同じ気持ちを共有する人たちがいるんだと思うと、少し楽になりました。もっと早くに知っていれば・・。それからカナエさんにあやまらなくてはならないことがあります。もう一つ他で高校生らしき方がブログで「告白」されていたので、何かのお役に立てないか、と思わずこちらのアドレスを書き込みました。後で気になったのですが、加工し直す方法がよく分からなくて・・・。ごめんなさい。
私の悩みは、「フラ」をしたいんですが素足で踊るのは抵抗があるなこと、です。人の素足がうらやましいです。子供は三人いますが、息子がちょっと「気配」があったので、小さい頃から頻繁に引っ張り続けました(笑)。今高校生です。ちょっと飛び出しそうな感じもしますが、ほぼ「普通」なのでホッとしています。ただ、私の場合は父方の祖母がそっくりな指だったらしいですので、隔世遺伝かなと思ってきたのですが(あまりよいお話でなく、ごめんなさい)。カナエさん、ありがとうございました。
フェイジョア
2008/08/07 01:03
私の娘も足の薬指が短いのです。親としてずっと切なく思ってきました。今刃もう大学生ですが。本人は靴を履くとき引っ掛かるのが気になる程度で友達にも自分から進んで見せたりどうしたの?と聞かれても隠す事無くすごしてきました。やはり小学校高学年になって顕著になってきました。むすめは可愛いから嫌いじゃないとよく言ってましたが。小学校6年の運動会の組体操の練習をし裸足で足に力を入れたため親指が巻き爪になり病院に行きました。それから巻き爪を繰り返し何件か病院を変えました。何人かの先生が短い指の事に触れました。
さゆこれは
banana
2008/08/09 15:59
すいません。操作ミスで途中になってしまいました。巻き爪を診てもらった先生に左右対称かと聞かれたり横で聞いていた私は娘の反応にひやひやしましたが娘は平然としていました。最後に診てもらった先生がとてもいい先生でその先生から決して珍しいことではなく世界的にみて日本人に一番多い症状で手術すれば絶対治るから。今度の診察の時資料を持ってくるからと言って頂き治ることにほっとし今までもんもんとしてきたことがふっきれました。先生はほんとに資料を持ってきてくれました。イラストと解説で私でも解りやすく骨延長器の装着方法が書かれています。成長期が終わった大学生くらいにならないと骨が変形するからと言われました。手術を受けた方のコメントをみると
ずいぶん長くかかるのですね。大学もそんなに長い休みは無いので考えてしまいますね。一度整形外科に行ってみないと。ちなみにその先生は聖マリアンナのせんせいでした。聖マリアンナでは実績があるようですよ。
あの時あの先生に会わなかったら未だに親として娘に申し訳なく悩んでいたでしょう。
banana
2008/08/09 16:26
>>フェイジョアさん
お返事が遅くなりました、申し訳ありません。
すでに裸足に下駄で普通に歩きまわっている人間が言ってもあまり説得力がないかもしれませんが、短指症で、裸足になるのは抵抗がありますよね。
こうして同じ悩みを抱えている仲間が見つかるのも、ネット社会のおかげという面があると思うので、今からでも遅くはないと思いますよ。
最初の一歩を踏み出すまでは大変ですが、踏み出してからはむしろ簡単だと思いますー。

記事の紹介については、悪用以外なら基本的にどんどんしていただいて結構ですので謝る必要はありませんよ。
むしろ、何も大したことを言えていない分、こちらが謝らなくてはいけない立場かと思われます。

コメント、本当にありがとうございました。
よろしければまた遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2008/08/10 18:41
>>bananaさん
巻き爪と短指症は同じところが扱っている場合が多いのでしょうか、私も巻き爪を切ってもらいに行った病院で足の指のことを聞かれました。
↑そのときは、短指症ではなくて巻き爪で来たとはっきり言ったらそれ以降そのことには触れてこなくなりました

治療については、初めの方でコメントしてくださっている方がいらっしゃいますが、一度強制的に骨折させて骨折が治るときに延ばしたり継ぎ足したりという形になるようです。
なので、治療期間は足の指が骨折から立ち直るまでの期間とほぼ同じだと思っていただければわかりやすいかなと思います。

しかし、お嬢様、羨ましい……。
きっとbananaさんの育て方が良かったのですね。
短指症の遺伝子を受け継いでしまうのは運不運ですが、短指症とどう向き合うかは育ち方や自分の意思でどうにかなると思います。

コメント、本当にありがとうございました。
何も大したことは言えていませんが、よろしければまた遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2008/08/10 19:10
カナエさんお返事ありがとうございました。巻き爪の治療に行ったのは整形外科でした。短指症の治療も整形外科ですよね。指の事を聞く先生と全く知らぬ振りの先生の両方いらしゃいますよね。私の場合は知りたかったので聞いてもらって良かったです。傷つけてはと聞かない先生のほうが多いですね。
手術するには入院期間が長すぎるので娘はしないかも知れません。ですが結婚話が出た時が・・・。相手のご両親がなんと思うか。
日本人に一番多いと言われても今まで全く会ったことがないと娘も言ってますがここでたくさんの同じ悩みをもった方たちとあえて心強いです。またたびたび立ち寄らせていただきます。
banana
2008/08/15 17:22
形成外科に関する参考情報を求めてネットをふらふらしていたときに、整形外科と形成外科は基本的に同じもので何を主な目的にしているのかが違うだけだというような情報を見つけたことがあるので、どちらでも巻き爪や短指症を扱っているのかなと思います。
先生の側にしても、指のことを聞いて怒られたらどうしようという気があるのかなと。
そんなご時世に指のことを聞いてくる先生、貴重だなと思います。

短指症そのものが特別天然記念物という訳でもない代わりにごろごろしている訳ではないということでしょうか。
結婚の話は、持ち出されると辛いですが、説明してわかっていただくしかないかな……。
劣性遺伝ですので、心配しなくても大丈夫といえばわかっていただけると思います。
立ち寄っていただいても参考になるかどうかはわかりませんが、交流の場くらいにはなれればと思います。
またいつでも遊びにいらしてくださいね。

P.S. コメントが二重投稿になっていましたので、片方消しておきます
カナエ
2008/08/15 21:24
カナエさん、お返事ありがとうございました。
そしてアドレスの件、おおらかに受け止めて頂きありがとうございました。
ところで、私は昔、私と全く同じ指の男性をアメリカで見たことがあります。それで今、突然興味が湧いて英語圏で何か情報がないか検索してみたのですが私の力では無理でした。カナエさん、また何か情報があったら教えて下さいね。みなさんに勝手に親近感を感じてしまっているおばさんです。ずうずうしかったらごめんなさいね。それから私も学生時代に指輪物語が大好きでした。すっかりストーリーは忘れましたが。映画ではアラゴルンのファンでした。
フェイジョア
2008/08/17 09:41
欧米では、そもそも裸足になる機会が少ないので、強いて治療をするというのは珍しいと以前こちらでコメントをいただいたことがあります。
なので、治療事例等の研究は欧米より日本の方が進んでいると勝手に推測していますが如何でしょう?
海外でも事例があればおもしろいなと思いますので、機会があれば調べるかもしれません。

アドレスの件は、ここに書いた時点でこの文章は私のものであると同時に公のものと思っていますので気になさらないでくださいね。
コメントでの自己紹介を拝見すると、様々な年代の方に興味をもっていただいているようですので、年齢は関係ないと思っています。
私もコメントをいただいた方々には勝手に親近感を覚えています(爆)。

指輪物語、今は読み返す時間や見返す時間がないのでご無沙汰ですが、今でも大好きです。
映画ではフロド、原作ではレゴラスが大好きですが、ストーリーの展開はフロドの方しか覚えていません……。

それでは、コメントありがとうございました。
また遊びにいらしてくださいね。
カナエ
2008/08/17 22:50
はじめまして(^-^) 私も短指症です!私の場合、左足の薬指とたぶん両手の親指と小指もちょっと短いのでそうなんだと思います。手はそれほど目立ちませんが、足はかなり目立つので、やっぱりビーチサンダルとかは履けないですね…(>_<)私は31歳で、仕事もあるし子供が3人いて一番下の子が4歳なので、手術は無理かな〜と思ってます(T_T)今まで短指症の人とは会ったことがなかったので、他にも仲間がいたということがすごく嬉しいし、励まされました(*^_^*)それから子供は3人とも遺伝してません(^-^)v
あむむ
2008/09/13 20:36
初めまして、コメントありがとうございます。

私も手の親指と小指が人より短いですよ。
目立たないというか、「かわいい」といわれることが多いです。
足の方は、サンダルは履けないのに下駄は平気という、何とも奇妙な状況です。
ちなみに、私も、この記事を書いてから仲間の方が大勢いらっしゃることを知りました。
続編に当たる記事も書いていますので、そちらもよろしければご覧くださいね。

それでは、コメントありがとうございました。
辺境のブログですが、また遊びにいらしてくださいね。
カナエ@開き直り
2008/09/13 21:53
初めまして。私も両足、薬指より小指のほうが長いです〜。でも右のほうがよりひどいんですけど。うちは父と兄もそうです。三人兄妹で出なかったのは一人だけです。中学生の頃通っていた整形外科の先生に相談したところ、一番早いのは小指を薬指より短く切っちゃうことだ、と言われひどく傷ついたことがあります。いつか治したい、と思っていましたがそんな大手術とは!人前で裸足になりたい。サンダル履きたい。どうも人と違うというだけでなかなか実現できない望みです。
かりん
2008/09/15 02:03
はじめまして、コメントありがとうございます。

左右で出方が違う場合もあるのですね。
コメントを寄せていただいた方の中には、片足だけに出たという方もいらっしゃいましたので、やはり、出方は人それぞれということでしょうか。
そして、両親のどちらかでも短指症だと、子どもさんに出る率は上がるのですね。
さすが劣性遺伝……。

整形外科の先生、すっぱりおっしゃいますね……。
表現は不適切とは思いますが、短指症を「治す」には、外科手術で短い方を長くするか長い方を短くするかしかないことをおっしゃりたかったのではないでしょうか。

開き直って人前で裸足になることも下駄を履くことも平気になってしまった私が言うのも何ですが、やはり、人目に短指症の指を晒すのは勇気が要りますよね。
手術と開き直ることと、どちらをより大変とみるかは人それぞれですが、後悔しない選択をしてください。

それでは、コメントありがとうございました。
辺境のブログですが、よろしければ、また遊びにいらしてくださいね。
カナエ@開き直り
2008/09/15 02:39
はじめまして★現在30歳、妊娠4ヶ月の妊婦です。
私も、両足の薬指が短い上、両手の小指も人より短いです。
妊娠してから、子供に遺伝したらどうしようと考えてばかりです。そしたら、こちらのサイトを見つけ、こんなにも同じような方がいらっしゃるのかと驚いております。

高3のとき、足の指の手術を形成外科で受けましたが、左薬指の長さは人並みに伸びたものの、指先が右に曲がったような感じになってしまい、変形してしまいました(うまく説明できないのですが)

右の薬指は術後は伸びていたような気もしたのですが、だんだん縮んできて、今はまた小指を同じくらいの長さになってしまいました。しかも他の指と比べ、ちょっと浮いたような感じで生えています。

子供に遺伝しなくても、孫に遺伝したら?などと考えてしまい、私のような人間は結婚なんてしなければよかったのかとさえ思い悩んでしまいました。

でも子供も育て方次第ですよね。強い子に育てていけたらと思います。
また遊びにきます。
ゆっきー
2008/09/19 13:00
はじめまして、コメントありがとうございます。
返事が遅れてしまって申し訳ありません。
日常ではわざわざ口に出すほどの話題でもないのか、このページでお仲間さんの存在を知ったとおっしゃる方も結構いらっしゃいますよ。

外科手術といっても、強制的に骨折させて後は本人の治癒力任せに近いようです。
特に、ゆっきーさんの右足の場合、骨が元の状態に戻ろうとする力が強かったのではないでしょうか?
第四中足骨というのは指の骨ではなく足の甲の骨らしいので、浮いたような感じで生えるのは第四中足骨短縮症に共通していると思いますよ。

もしお子様やお孫さんに遺伝したら…ゆっきーさんと確かに血がつながっているという証拠と考えられないでしょうか?
偉そうなことを言って申し訳ありません。
でも、子どもって、1回は「自分はこの家の本当の子じゃないかもしれない」と思ってしまうことがあると思うので。

コメント、本当にありがとうございました。
辺境のブログですが、またいつでも遊びにいらしてくださいね。
カナエ@開き直り
2008/09/21 21:56
初めまして、私は31歳の独身女性です。
私も両足の薬指が短いです。あと、両手の指が
太くて全体的に短く特に親指がかなり太くて小指がかなり短いです。
サイトのコメントを見て手術されている方が沢山いる事に驚きました。
私も手術して治るものなら治したい気持ちで
いっぱいですが、手術費や治療費の事考えると
とても私には遠い夢の話ですね・・・
私は小さい頃足の指だけではなく手の指まで
からかわれました。可愛いと言ってくる人も
いれば、なんか面白い指だよね・・・と言って
こられたりすごく落ち込みましたが今は手や足がない人に比べたら私はまだ幸せなのかな?
と前向きに考えるよう努力しています。
それにこのサイトを見て同じような悩みを持った人がいた事がすごく励みになりました。
またコメントしますね。
アリス
2008/10/03 17:35
はじめまして、コメントありがとうございます。
私も、手の指はアリスさんと似た感じですよ。
ただ、手そのものが小さいためか、あまり注目されることはなかったように記憶しています。

切開手術にしても器具にしても、お金はネックですよね。
私自身開き直ってしまったのですが、以前はどこでそんな時間を稼げばいいのだろうと思ったりもしていました。
そこの考え方も判断に影響するのでしょうね。

私も、この記事に寄せられたコメントを拝見して、自分だけではないと思えたことで、見方が変わったような気がします。

それでは、コメント本当にありがとうございました。
こんな辺境のブログでよろしければ、また遊びにいらしてくださいね。
カナエ@開き直り
2008/10/04 21:16
私の娘わまだ生後2ヵ月
です!産まれたばかり
なのですが両足の中指が
薬指より少し短いのですが
短かったら中指でも
短指症でしょうか?

まだちっちゃいので
わからないですが

遺伝だとして親が薬指の
短指症だとしても

娘わ中指が短いのわ
これも遺伝とゆえるの
でしょうか?

ちなみに私の娘わ
右手の親指が多指症です。

通りすがりすいません
りさ
2010/10/01 18:49
初めまして、コメントありがとうございます。

遺伝学は専門外なのでメカニズムはよくわかりません。
が、短指症というのは手足の指のどれか1か所以上が個人差の域を超えて短いこと、遺伝でしか発症しないことは確かなようです。
プラス、短指症を引き起こす遺伝子は劣性遺伝子なので、遺伝子をもっているだけでは短指症になるとは限りません。
なので、指によって短指症を引き起こす遺伝子が違っていたとしても、りささんのおっしゃっているケースでの遺伝は十分ありうる話だと思います。
多指症は…よくわからないのですが、短指症とは無関係かと……。

ちなみに。
生後2ヶ月で短指症かどうかを判断するのは早すぎると思います。
もう少し待ってみて、差が広がるようでしたら、形成外科で相談されては?
延長治療をされるかどうかも、娘さんとよく話し合って決めていただければなと思います。
私みたいに、開き直って足ツボマッサージに行ってしまうケースもある訳で、ね。

それでは、改めましてコメントありがとうございました。
辺境のブログですが、またいつでも遊びにいらしてくださいね。
はすみ@開き直り兼元カナエ
2010/10/02 00:19
携帯いじってて何とかここに行き着いたよ
私もひどい短指症だよ
手も足も。
足は右は薬指だけだから凄く目立つけど 左は小指も親指もだから ひどすぎて逆にバランス的に右よりぱっと見 目立たない。
ところが 左は短指症が多すぎて ついに体重をかけてまともに歩く事が負担になり すぐ足が痛くなるようになってしまい この前 障害者手帳が出ました。
手帳はあんまりメリットないけどね。

同じ病気のみんなのコメント読んでると みんな明るくて健康的だね。
私 もうすっかりおばさんだけど 若い頃 こんなみんなと知り合えていたら 人生変わるくらい幸せだったと思う。
今からでもお友達になって欲しいです。

普段 ストッキングとかの時 どうやって隠してるかとか 話し合いたいな。
ララ
2011/01/01 02:55
正月そうそう連日お邪魔しちゃってすみません。
何十年も時には死ぬほど悩んできたけど、こちらのブログがあまりにも素敵な発見だったので…
昨日一人で想像しちゃったんです
この症状の人が一ヶ所に集合して 大きなたらいみたいなので 足湯しながら こんな場合どーしてるヨあんな場合どーしてるヨプールはヨ合宿はヨ とかって話し合うの。ワイワイと。あははU

軽い短指症の人も 私みたいにひどくて歩行困難な手帳持ちも みんな一緒に。
気分晴れるだろうな
そして 隠し方なんかの知恵の出し合いができるかもなU
ララ
2011/01/01 20:22
はじめまして、コメントありがとうございます。

私自身、精神的にきついレベルの短指症ですので、明るく無責任に開き直りと言っています。
なので、実際に障碍になって表れてしまうレベルの方には少々不快な文章もあったかもしれません、もしそうでしたら、お詫びいたします。

この記事自体、もう何年も前のものなので、コメントを下さったこと自体忘れてしまわれた方もいらっしゃる気もしますが…私も、この記事のコメント欄にはだいぶ救われました。
足ツボマッサージにも行けるようになったのは、半分以上この記事にコメントを下さった方のお陰ですし。
なので、そうおっしゃっていただけると、とても嬉しいです。

確かに、みんな短指症ではない中にひとり短指症だから、お互いに気になってしまうというのはあると思います。
残念ながら私には短指症オフ会を企画するだけの企画力や実行力がないので実現は難しそうですが、できたら楽しそうですよね。
お友達の件は、いつでも大歓迎です。
是非仲良くしてやってくださいませ。
ちなみに、ストッキングのときは、絶対にパンプス脱ぎません。

それでは、コメント本当にありがとうございました。
辺境のブログですが、よろしければこれからも覗きにいらしてくださいね。
はすみ@開き直り管理人兼元カナエ
2011/01/01 22:52
「薬指が短い」の検索で来ました。どっかにぶっつけたんやろか!?と思っていたので病名があることにびっくりしました。同じ症状の人がこんなにいっぱいいてるんやと思って安心してついコメントしてしまいました。
れと
2011/05/15 17:42
はじめまして。私は現在40歳で第1趾と第4趾両足が短縮症です。小学5年生頃から気になり
裸足、恋愛、プール、健康診断、人生のやり直しが利かない憂鬱が続く毎日でした。
しかし、今になり骨延長法を希望しています。
年齢が気なりますが1年間は気長に思い今後の人生に於いて有効に自分のやりたい事をして
過ごしたいと覚悟を決めて明確に行きたいです。皆さんはお若いので人生の道を間違えないように楽しく生きてくださいね(^−^)。
バラ&#10047;
2012/03/10 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
第四中足骨短縮症(足の薬指の短指症)関連でいらした方
     ⇒こちらへどうぞ(まとめ記事です、過去の記事へのリンク有)


↓ラグ時計
by Pets!
(-ω.-)<保険証といっしょに webひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる